前へ
次へ

色々と考えられている医療の実態

手術ではなく保存療法など、選択すべき治療のオプションを提示してくれるのは医師です。
どんな症状があるのか、それまでに治療を受けていたのなら、それに対する症状の経過も身体に触れて確認し、どのように困っているのか耳を傾けながら、というのが診察内容の一例です。
もちろん、X線やCT、MRIなどの所見を参考にもします。
それでも、手術一辺倒のクリニックもありますが、痛みが強い場合に手術を勧めています。
手術では、術後の痛みの治療、感染症などの合併症対策に力を入れてくれます。
経過は大事ですし、定期的診察を通して運動機能の向上、早期のリハビリテーションを取り入れてくれます。
手術は1つの病気に対していくつもの手術法があるので、患者自らが、手術について考えられる時間も与えてくれます。
また、高齢であれば、手術に耐えられるだけの体力がない場合もあります。
長く一生涯続く病気であれば、医師や患者の家族、周りとの取り組みで乗り越えられるよう、対応してくれます。

Page Top