前へ
次へ

医療関係と言うのは介護と密接です

医療と介護というのはかなり密接していると言っても過言ではないのですが、さすがに同じというわけではないです。
医療関係者が介護をすることは可能ですが介護関係の人が医療行為をすることはできないと言うのがその最大の違いであるといえるでしょう。
別に医療関係者といっても医者であれば何でも基本的には医療行為ができますが看護師はそうした事ができないことも多いですから注意しておく必要性があります。
しかし、看護師も当然、介護はできるということになりますし、むしろ能力的には自分ということになりますのでさすがに看護師を用意しておく介護施設というのはかなり良いレベルのところであると言っても過言ではない状況になっています。
看護師が独立をして仕事をしようとする場合において医療では難しいのですが介護であれば自分が責任者となって計画を立てたり、活動をしたりということが可能になりますから、看護師から介護へ、と言うことは決して悪くはないです。

Page Top