前へ
次へ

医療従事者というのはいくつもありますが

医療従事者というのは要するに医療関係の人ということなのですが、医療者という職種で呼ばれることもあります。
病気や障害などに対しての専門的な知識と技術を持っているということになりますのでこれは自称ではダメということになっています。
つまりは、資格がいろいろとあるということです。
わかりやすいところでいいますとなんといっても医者です。
医師といというのはまさに医療関係の資格として最高のものであり、 医療行為というのは基本的に医師しかできないということになっていますから注意しましょう。
看護師なども医師の指示の下、という前提条件があったりします。
医療というのはとにかくお金がかかりますからそれに従事している人も高給であることが多いのも事実であり、ある意味ではそれを目的に目指すということも決して少なからずあります。
介護などは薄給であるとされていますが医療に関することでいえばかなり高い給料を持っている人のほうが多いです。

Page Top